小さなスペースに夢が広がる 予算を抑えた店舗兼住宅

住まいづくりのプロセス

小さなスペースに夢が広がる 予算を抑えた店舗兼住宅

Index

#1. コンセプト

京都市内の市街地における極小の敷地に計画した3F建ての新築工事が始まります。

予算も極力絞ったコンパクトな家づくり。1Fに土間スペースを持つ住宅で、小さなお店が開けることを想定した計画です。

今回のクライアントであるY様より土地建物購入前から相談があり、私たちも物件の下見から関わってきました。
当初リフォームで進めていたお話しも途中から建て替えに切り替わり、狭小でもなるべく広いスペースを確保できるようにプランを練り上げます。

当然Y様にも珪藻土の壁塗りのDIYにも挑戦してもらいます。皆さん完成をお楽しみに!!

#2. 不動産物件購入検討

不動産購入前から施主様より相談を受け、京都市内の下京区にある

物件を「横田」も施主様と同行して現地調査しました。

p1080934

売り家の看板が掛かっている建物が当該物件です。

京都市内でありながら、幹線道路より少し奥に入った所の為、静かな佇まいの

場所です。

p1080936

施主様もこの物件を気に入られ購入に向け前向きに検討されるようでした。

#3. 不動産物件購入

購入を検討されていた、京都市下京区の物件を施主様が

気に入られ、ついに 「購入の決断しました」との連絡を受け

再度物件を確認に行きました所、売り物件の看板も外されていました。

p1040495

未だこの段階では、施主様は購入物件(築47年)をリフォームして利用すると云うお考え

でした。購入前に頂いていた不動産屋さんからの物件情報を基に現況図を作成し

現地物件調査に掛かるべく、準備を進めている段階でした。

施主様からは新築した場合の予算等の問い合わせは有りましたが、

不動産物件購入費に相当額費やされていて、予算的に厳しいものがあり

やはり、「リフォーム」して利用と云う流れでした。

#4. 既存建物解体 初日

不動産物件を購入と云う事となり、現場調査の準備を行っている最中、

予算が厳しいと云う事で「リフォーム」して利用と云う流れでしたが、

施主様の中で、「リフォーム」か「新築」かで相当悩まれたようでした。

事実、「リフォーム」にします、とのメールを頂いた、翌日か?に再度

やはり「新築」にて検討したい。とのメールが入って来ました。

打合せの中で、新築計画のゲラを私がフリーハンドで描いた計画図

を提示はさせて頂きまはしたが、・・・

敷地の形状、面積等は不動産屋さんからの物件情報を元に作成したものでした。

(敷地の面積は登記簿上の面積が根拠となっていました。)

その為、建物を解体する迄ははっきりした事は解りませんでしたが・・・・

いよいよ 売買契約も終了し既存建物の解体が始まりました。

p1040511

朝一番から、解体屋さんが現場に到着した所です。

p1040554

初日は建物の内部の解体からスタートします、その為の準備やら何やらで

バタバタしています。

早速、問題が発生・・・ 外部、電話の架空線が建物に接近しすぎの為、解体に支障が

ある為に移動が必要との事で早速、現場より施主のYさんに電話を入れNTTに依頼の電話を

かけてもらいました。(同日には、その後水道のメーター取付も依頼しました、当日は大変ご迷惑を

お掛けしました、すいませんでした。)

p1040540

p1040539

建物 1F 内部の解体を行っている所です。

p1040555

外部解体の為の足場の組み立て中です。

解体の作業中は近隣にお住まいの方々には何かとご迷惑をお掛けしました事を

この場をお借りして、お詫び申し上げます。

#5. 解体中

解体の初日は何やかんやでバタバタしてしまいましたが、

その後の解体は何とか順調に進んでいますが隣接建物が境界ぎりぎりに

建っていますので、解体も慎重にすすめないといけません。

p1040574

2階部分がほぼ解体された状態です。隣接建物も接近していますので、

重機は入る事が出来ませんから、人力による解体を行っています。

p1040578

1階部分の解体がほぼ終わりかけています、

解体の後半でやっと重機の搬入が出来ましたので基礎等の

解体を行っている所です。

p1040611

#6. 解体完了

解体がほぼ完了した状態の敷地です。

解体屋さんも、ほっとした表情をしていました。

(無事仕事を終えた安堵感と満足感でしょうか?・・・・)

p1040661 p1040674

きれいな更地となりました。

p1040678

解体が完了、敷地の大きさはやっぱり狭いか、いや そこそこ有るか?

この後には測量屋さん(土地家屋調査士さん)による測量に入ってもらいます。

#7. 敷地測量

解体も無事、完了

続いて敷地の測量に移ります。

土地家屋調査士さん(土地登記簿に於ける表示登記等の業務に携わる事が出来る資格)

による、現場の測量のスタートです。早朝より現場入りしてくれています。

今回の敷地は前面道路も3.0m以下の狭あい道路でした。

p1040710

左に見えているのが、測量器具(トランシエットと云う)です。

右の写真は左奥の敷地境界付近の図です。

p1040694        p1040687

左の写真は中央奥の敷地境界付近の図です。     右の写真は右奥の敷地境界付近の図です。

p1040688

p1040689

#8. 敷地面積が・・・

測量屋さん(土地家屋調査士)に測量を行ってもらったのですが、・・・

当初のブログでも以下の様な事を書きましたが

敷地の形状、面積等は不動産屋さんからの物件情報を元に作成したものでした。

(敷地の面積は登記簿上の面積が根拠となっていました。)

その為、建物を解体する迄ははっきりした事は解りませんでしたが・・・・

何と測量屋さんから出来上がって来た敷地のデーターによると、何と

敷地面積が ≒3.0㎡も小さかったのでした。・・・ えー・・・

オーマイガー   Oh-My-God  でした。

何かの間違いか?! もともと狭小な敷地でしたが、さらに・・・

ここから私もパニック気味に成りましたが、気を取り直して電卓片手に

計画の練り直しを行いましたが、

その結果当初よりは少し(結構か・・)狭くは成りましたが

何とか必要最小限のプランに仕上げる事が出来、施主様と打合せを行い、

少し修正も加えて、まあまあか・・・と云う線迄もって行く事が出来ました。

全てに、感謝、感謝です。

#9. 隣地建物外壁補修

北側隣地建物の外壁補修を行いました。

きっちりと補修しています、今回の建物が建ってしまうと補修できませんので。

左の写真は補修前の図です。           右の写真は補修後の図です。

p1040673     p1040773

不動産屋さんによると、

以前は今回解体した建物と外壁補修した建物とは長屋だつたそうです。

#10. 確認申請

敷地面積が結構小さかった事も何のその・・・、すぐさま申請図を作成しましたが、

前面道路も狭く敷地面積も小さい為、やはり 厳しいー・・・・

何とか申請が通る様に悪戦苦闘。 すぐさま、確認申請を指定確認検査機関へ

提出、その後 色々と指摘事項が上がって来ました。これまた厳しいー・・・・

しかし ついに確認申請が決済となりました。

p1040875

p1040874

確認済証を前に、やれやれ一先ずはお疲れ様ですと自分に言い聞かせて、ほっこりとしている所です。

#11. 工事着工

いよいよ工事の着工が始まりました。

これからが、長い様なアッという間の様な時間の経過が始まります。

基礎掘削前には、確認申請の許可済み看板も掲示が必要です。

市役所より時々、建築パトロールに来る事も有りますので・・・・

しっかりした対応が必要です。

P1040920

 

P1040925

#12. 設備配管

基礎工事の着手に先立ち、今回は敷地が狭い為、設備の配管が全て

基礎の下に設置されますので掘削して埋設していきます。

主に給水、排水管関係の設備です。

P1050007

P1050012

#13. 基礎の墨だし

埋設の設備配管も完了、捨てコンクリートを打設の後、

基礎の鉄筋配筋の為に墨だしを行っている所です。

IMG_0559      IMG_0557

#14. 基礎の配筋検査

確認申請の構造図に基づき基礎の配筋を行い、

JIOの検査も受けています。

P1050068

配筋のピッチ本数等の確認を行います。

P1050083

JIOの担当者による、検査を受けている所です。

特に大きな問題もなく、無事終了。

これで次の工程 基礎のコンクリ―ト打ちへと進めます。

P1050085

#15. 基礎コンクリート打ち

JIOの検査も無事終わり、基礎のコンクリートの打設です。

コンクリート打設は基礎の配筋と伴に重要な工程です。

しっかりとした管理を行っています。

P1050120

朝一番から現場に生コン車と伴にコンクリートポンプ車が到着しています。

P1050123

コンクリート打設の前に 諸々の試験やコンクリート強度の測定の為の

テストピースの採取等を行っている所です。

P1050124

いよいよ、コンクリート打設開始。

#16. 基礎立上りコンクリート打ち

基礎のベースコンクリート打ちが終わり、次に立上りコクリートの打設を行います。

コンクリート強度確認の為にテストピースを採取しています。

P1050240

P1050239

P1050242

私も(初めての登場です、少々恥ずかしい・・・これが最後か?)

テストピース採取の確認に立会致しました。

この後、コンクリートの強度が出るまでの間、しばし養生し、

いよいよ建物の建て方へと移ります、 ご期待下さい。

#17. 上棟

基礎のコンクリート打ちも終わり養生期間も経過し

本日はいよいよ建物建て方(上棟)を迎える事となりました。

早朝より好天に恵まれました。

P1050487

レッカー(背の高いキリンさんの様な姿です)も何とか可動しています。

(かなり、道路面の電線等に阻まれましたが・・・)

レッカーのオペレーターのお兄さんの腕もグ~でした。

そのかいもあって、

P1050488

あっという間に、1階の建て方が終わり2階へと進んで行きます。

P1050496

2階も順調に完了、3階へと進んで行きます。

P1050511

3階も順調に進み、屋根の野地板等の施工も完了。

無事、上棟を迎える事となりました。

近隣の方々、ご迷惑お掛け致しました。

大工さん初め関係の職方さん、レッカーのオペレーターのお兄さん

本当にご苦労さんでした。全ての方々に対して 感謝とリスペクト。

P1050513

P1050514

この後は建物の筋交い等の構造耐力壁の設置等を行い、

役所の中間検査へと進んで行く事となります。 お楽しみに

#18. 耐力壁(筋交い)

上棟後の工程で、重要な工程の耐力壁(筋交い)の取付を進めています。

構造計算に基づき、所定の位置に必要に応じたサイズの材を取り付けて

行きます、これにより 地震時に耐えうる構造となります。

P1050584

P1050596

P1050661

各階に必要な数を取り付けて行きます、結構な数となります。

 

#19. 中間検査

P1050657

耐力壁(筋交い)の取付が終わると、確認検査機関の中間検査となります。

確認申請の検査とJIOの検査と同時にチェックしてもらっています。

検査官は各階、一ヶ所所ごとにチェックして行かれます。

P1050608

基礎と柱を緊結するホールダウン金物もしっかりと入っています。

P1050662

2階です。

P1050663

2階、3階にもホールダウン金物は入っています。

P1050664

柱と筋交いを取り付ける金物もしっかり入っています。

P1050672

やっと3階まで来ました、多少の指摘は有りましたが、

無事 検査終了。

中間検査合格証が無ければこの後の工程には進めません。

構造は建物の要です、しっかりと施工を行っています。

#20. 外部及び内部下地 

P1050681

中間検査も無事終わり、外部のアルミサッシュ取付、外壁のサイディング

貼りを進めている所です。

P1050691

玄関の建具も取付られて、これから 外壁サイディング

を貼ろうとしている所です。下地の防水シートが貼られています。

P1050699

壁、天井を施工する前に設備の配管等を先行して取付て行きます。

上の写真は2階のキッチンと洗面の配管です。

P1050707

2階内部の様子です、壁 天井の下地の施工中です。

P1050752

填されています。

壁、天井内部には電気の配線が見られます。

#21. 内部ボード貼り

P1050755

3階

下地が終われば、プラスターボードを貼って行きます。

P1050756

P1050879

P1050878

上の写真は2階です。

P1050883

P1050882

上の写真は1階です。

このボード貼りが終われば、仕上げのクロス及び

壁の珪藻土塗りの仕上げ工程に

移ります。いよいよ内部も佳境に入ってきます。

#22. 珪藻土塗り講習

いよいよ壁の珪藻土塗りを行う為に

当社の事務所に於いて、塗り方の講習を受けてもらいます。

しっかりと指導させて頂きますので、ご安心下さい。

施主のY様も真剣です。

P1050885

上の写真は 先ずは塗る前の養生作業です。

P1050893

次に下地処理の練習です。

P1050892

珪藻土の粉を練っているところです。

P1050894

塗り作業の工程です、記念写真も同時に撮影しています。

P1100508

壁にモザイクタイルを張り付ける事も出来ます、

子供さんも一緒に楽しく練習が出来ました。

お疲れさまでした。

ここで練習をして頂き、いよいよ本番に挑んで頂きます。

頑張って下さい。

P1100504

#23. 外部、内部仕上げ

外部の足場が取り払われ 外観の姿が現れました。

間口の狭い建物(間口、2間)では有りますが、

明るい色合いの外壁で堂々として中々良いでよ。

P1050973

P1050974

2階 天井クロスを貼る前の下地処理の状況です。

P1050985

P1050988

2階 天井クロス貼りが終わった状況です。

P1060019

P1060018

3階 天井クロス貼りが終わった状況です。

うーん結構良い眺め・・・・

P1060022

下の写真は

収納部分、かわいい室なので、収納は取れる限界まで取る様に

しています。写真に見えるのは 階段ではないですよ・・・・

何とか工夫して収納を確保しています。

P1060027

3階は結構眺めがいいですよ。

P1060032

いよいよ次は珪藻土塗りのDIYです。

#24. 珪藻土塗り DIY 下塗り

いよいよ 珪藻土塗り DIY本番です。

当社事務所で珪藻土塗りの講習を受けて頂いた成果の見せ所です。

P1060147

P1060146

 

上の写真は3階です。

壁の廻りを全て、養生して 先ずは下塗りから進めていきます。

中々上出来の様です。

P1060150

上の写真は2階です。

乾燥したら、いよいよ上塗りへと進めていきます。

養生が終わると 窓も塞がってしまい、ここの所気温が上昇気味で 暑いか?

この辺りまで来ると結構、疲れもピークか? 腕や肩が痛いか?

でも 頑張らなくては・・・・・ 結構塗り材が重く感じるのですよねー

施主さんの気持ちが手に取る様に解るか? 私の年齢になると疲れは後になるほど

出て来ますので・・・

如何でしたか?

#25. 珪藻土塗り DIY 上塗り

珪藻土 DIY も最終段階の上塗りです。

P1060167

P1060164

P1060166

上の写真は3階です。

上塗りの出来栄えは、なかなか上々の出来栄えです。

特に最初に塗られた真ん中の写真の室の仕上げは立派の一言。

P1060158

P1060160

上の写真は2階です。

上塗りの出来栄えは、なかなか上々の出来栄えですが、

3階の模様と少し変化が見られますが・・・

疲れなのか? 模様のバリエーションを楽しまれたのか?

珪藻土 DIY 楽しんで頂けましたか?

満足して頂けましたか? (少々苦痛でしたか?)

きっと後々まで、記憶に残る良い思い出となる事でしょう。

総じて 上出来です。!!

お疲れさまでした。

 

#26. 完了検査 

壁の珪藻土塗りも終わり、いよいよ 諸官庁の完了検査を受けなくては

なりません。 うーん・・・ 何回経験しても やっぱり

緊張します。(どこか不具合を指摘されないか?、手直しは無いか?)

下の写真は 「建築の完了検査」 の様子です。

DSCF6185

確認検査機構の検査官による 検査の様子です、

確認申請図と現場を見比べて確認されています。

DSCF6184

上の写真は浴室UBの点検口より天井裏をチェックされている所です。

いたって こういう所で施工の不備を指摘される事が多々あります。

しかし、今回の完了検査では 特に指摘ヶ所も無く、無事に終了。

内心ほっとしました。

下の写真は

検査時点  建物外部の様子です。

建築の検査以外に 市役所の「景観の検査」も有ります。

外部の仕上げの色合い等の基準が有り、その基準通りに施工されているか

のチェックを受けます。

P1100712

外部の土間打ちも完了しています。

P1100713

「景観申請時」の指導により

建物外部 土間部の片隅に植え込みを設置して、かわいい植栽を施しています。

竜のひげ 6ポット 何とか・・・と云うハーブ 1ポット

(これは検査前日に私がホームセンターで購入して植え込みました。)

P1100714

#27. 住居部分が完成しました!

全行程が終了し完成!いよいよお引き渡しです

20071109_1

20071109_2

20071109_3

20071109_5

20071109_4

#28. 店舗部分完成!

ようやくお店部分が完成しました!

店舗名は『フユハルベーグル』です
詳細はコチラ→ http://huyuharu-bagel.jimdo.com/

完成写真

>> 完成写真はこちら <<

「小さなスペースに夢が広がる 予算を抑えた店舗兼住宅」京都府京都市下京区邸の事例

完成写真一覧

このプロジェクト“小さなスペースに夢が広がる 予算を抑えた店舗兼住宅”の完成写真の一覧ページはこちらから。もっと詳しく

横田満康建築研究所 新築注文住宅・デザインリフォーム・リノベーションの建築設計事務所 (京都市山科区椥辻) 〒607-8165 京都府京都市山科区椥辻平田町149

プロジェクトを担当した設計事務所

横田満康建築研究所 (京都市山科区椥辻) / 〒607-8165 京都府京都市山科区椥辻平田町149 / TEL:075-594-4524 もっと詳しく

Categories

築60年の京町家を快適なセカンドハウスにリノベーション
京都府 京都市上京区 S様邸

築60年の京町家を快適なセカンドハウスにリノベーション

リノベーション / リフォーム / 京町家 / 増築 / 戸建 / 断熱 / 施工ブログ / 狭小住宅 / 耐震補強 / 自然素材

神戸にお住まいのお施主様が京都でお使いになるためのセカンドハウスの改修プロジェクト。 お施主様がお持ちのアンティークの襖建具を使用や茶室の設置、縁側を設けるなど上質な和の空間を演出。 築60年以上になる連棟長屋のとても古い建物ということもあり老朽化による構造の問題だけではなく、元々の柱や梁がとに・・・

インダストリアルな雰囲気のインテリアリフォーム
埼玉県 さいたま市 N様邸

インダストリアルな雰囲気のインテリアリフォーム

スケルトン / ハーフDIY / リノベーション / リフォーム / 戸建 / 断熱 / 施工ブログ / 耐震補強 / 自然素材

元々おばあさまがお住まいだった築23年になる戸建て住宅を譲り受け、その住まいを開放的でおしゃれなインダストリアルな雰囲気のLDKにリノベーションした事例。 旦那様は塗装がお得意との事なので「ハーフDIY工法」を取り入れて、本格的な施工に参加して頂きました。 無垢のフローリングや珪藻土の壁など自然素材を・・・

わくわく“隠れ家”のある自然素材に包まれた家
京都府 京都市下京区 K様邸

わくわく“隠れ家”のある自然素材に包まれた家

IKEA / スケルトン / ハーフDIY / マンション / リノベーション / 狭小住宅 / 自然素材

大文字山を望む見晴らしが良い立地の築26年RC造(鉄筋コンクリート造)のマンションリノベーションです。 マンションに最適な遮音性に配慮したフローリングを使い、キッチンなどの水廻りも使い勝手が良くなるように改修しました。 狭小空間を利用した、わくわくする様な“隠れ家”的な子供部屋や、 ご家族皆さまのDI・・・

ヘーベルハウスの賃貸併用型住宅の上下の2住戸を1住戸につなげるリノベーション
東京都 世田谷区 K様邸

ヘーベルハウスの賃貸併用型住宅の上下の2住戸を1住戸につなげるリノベーション

IKEA / スケルトン / ハーフDIY / ヘーベルハウス / リノベーション / リフォーム / 戸建 / 施工ブログ / 自然素材

築25年になるハウスメーカー(旭化成ヘーベルハウス)製の賃貸併用型住宅の2階の1室にお住まいのオーナー様より、室内階段を設置して上下の2住戸を1住戸につなげるリフォームをしたいとのご相談いただきました。 コンセプトは“こどもが楽しく過ごせる安全な家”。 1階の壁を取り除き1つの広いLDKに変更。無垢のフ・・・

増改築により複雑になった我が家を、広々すっきりリノベーション
大阪府 箕面市 K様邸

増改築により複雑になった我が家を、広々すっきりリノベーション

IKEA / スケルトン / ハーフDIY / バリアフリー / リノベーション / 戸建 / 自然素材

お父様が建てられた家を残したいという思いで、建替えではなくリノベーションを選択されたK様。 築約50年の木造2階建て住宅は、これまで幾度か改築が行われ、構造的に耐震性が懸念されることから、何よりもまず耐震補強を考えました。 家族が集うLDKは、IKEAのおしゃれなキッチンを取り入れ、和室のある間取りを・・・

四世代のご家族が同居する 安心、快適リノベーション
奈良県 北葛城郡 K様邸

四世代のご家族が同居する 安心、快適リノベーション

スケルトン / リノベーション / 二世帯住宅 / 戸建 / 断熱 / 施工の様子 / 施工ブログ / 終の棲家 / 耐震補強 / 自然素材

ダイワハウスで建てられた築35年、 軽量鉄骨2階建てのお宅のスケルトンリフォームです。 通常、ハウスメーカーの軽量鉄骨造の大規模な改修はできない(やりたくない)という業者が多いのですが、 私たちがこれまで培ってきたノウハウを持ってすれば問題なく実現できます。 今回は、四世代のご家族が共に快適に・・・

狭い敷地に 大きな家族の思いをこめて
京都府 京都市山科区 S様邸

狭い敷地に 大きな家族の思いをこめて

スケルトン / ハーフDIY / フルデザイン / リノベーション / リフォーム / 中古住宅 / 戸建 / 施工の様子 / 施工ブログ / 狭小住宅 / 耐震補強 / 自然素材

代々受け継がれてきた住まいを狭小住宅だからこそ試されるアイデアで、使いやすく住みやすい住まいにリノベーションしました。 クライアントは、当初は建替えも検討されていましたが、前面の道路が私道で、 その分も面積算入され建ぺい率が小さくなってしまうためリノベーションをすることを決断されました。 ・・・

インダストリアルスタイル・リノベーション
滋賀県 草津市 K様邸

インダストリアルスタイル・リノベーション

スケルトン / ハーフDIY / マンション / リノベーション / リフォーム / 施工の様子 / 施工ブログ / 自然素材

“インダストリアルインテリア”という言葉をご存知でしょうか? インダストリアルとは「工業の~」や「産業の~」といった意味合いがある単語で、よく使われているのが「インダストリアルデザイン」。これは利便性の高さと見た目の美しさを掲げてデザインされた工業製品を指し、1920年代からあらわれ始めたデザインと・・・

生活スタイルに合わせて造作&DIY 自然素材をふんだんに使ったこだわりリノベーション
兵庫県 西宮市 M様邸

生活スタイルに合わせて造作&DIY 自然素材をふんだんに使ったこだわりリノベーション

リノベーション / リフォーム / 中古住宅 / 戸建 / 施工ブログ / 終の棲家 / 耐震補強 / 自然素材

閑静なベッドタウンが広がる兵庫県西宮市にて、築22年の木造戸建住宅をリノベーション。 自分たちの生活スタイルに合わせて、 作り付けのデスクや飾り棚、ハンガーラックなどをリビングにレイアウト。 無垢材や珪藻土などの自然素材をふんだんに使い、日々の生活の中で住み手と住まいが一緒に呼吸する気持ちの・・・

店舗兼住宅設計・美容室リフォーム
神奈川県 横浜市磯子区 ユサ美容室

店舗兼住宅設計・美容室リフォーム

スケルトン / リノベーション / リフォーム / 店舗 / 戸建 / 耐震補強 / 自然素材

築60年木造2階建て店舗(美容室)兼住宅をフルスケルトンリフォームした事例です。 かつては平屋だったこのお住まいは、度重なる増築によって建築当初の約3倍の大きさに姿を変えてきました。 これまでの経年によって建物の老朽化が進み、構造のバランスの悪化が見られ始めているので、構造補強や老朽化した部分の改・・・

天然木のぬくもりに満ちた心癒される家にリノベーション
東京都 府中市 T様邸

天然木のぬくもりに満ちた心癒される家にリノベーション

リノベーション / リフォーム / 戸建 / 施工ブログ / 耐震補強 / 自然素材

築25年になる木造2階建ての戸建住宅のフルリフォーム(リノベーション)事例。 雨漏りの修繕をすることをきっかけにリノベーションをご決断されたT様。転勤で遠方に住んでいる息子さんご夫婦とお孫さんが戻ってくるなど、近い将来のライフスタイルが変化する事を想定し、3世代が住みやすく仲良く暮らせる家にしたいと・・・

自然の恵みが息づくナチュラルリビング
東京都 板橋区 K様邸

自然の恵みが息づくナチュラルリビング

スケルトン / ハーフDIY / リノベーション / リフォーム / 戸建 / 断熱 / 施工ブログ / 耐震補強 / 自然素材

築42年になる木造2階建ての戸建住宅で自営業を営まれていらっしゃるK様。 この自宅兼事務所の限られたスペースの中でも家族が身近に感じられつつ広々と生活できるLDKへのリフォームや、水まわり設備や事務所部分の一新などしたフルリフォームの事例です。 無垢フローリングや珪藻土の塗り壁にしたことで自然素材に・・・

お問合せ 見学・ご相談 メディア掲載 アクセス