横田満康建築研究所 > 完成事例集 > ゆずり葉の家 - 大阪府I邸 > ビフォーアフター
フルデザインリフォーム・一戸建て住宅/大阪府 摂津市 I様邸
ゆずり葉の家
出会い
新築かリフォームかで悩み、なかなか思ったような設計者に出会えずにいたI様。弊社のホームページを偶然発見されたことがきっかけで、メールのやり取が始まりました。 初めてメールを拝見して何よりうれしかったのは、ご両親からゆずり受けた家を大切にしたいという前向きな気持ちでリフォームを検討されていること。ホームページの感想とともに、こんな熱いメッセージが届きました。

新築 相談メール

初めまして。家の立て替えかリフォームかで悩んでいる中、さまざまなホームページに出会いましたが、なかなか思ったような事務所に出会えずに困っておりましたところ横田様のホームページに辿り着きました。ホームページをじっくり拝見して、施工例も見せていただきました。感想は・・・。『やっと、やっと巡り合えた!!』です。

当初は新築以外考えていなかったのですが(現在、主人の両親が居住。直ぐ近くに主人の両親が土地を購入し手放すことになった現在の住まいを息子夫婦である私達が購入することになったのです。)調べてみると、都市計画の経過で、その土地の建蔽率が50%となっており、新築するとかなり家が小さくなってしまうことがわかりました。

加えて、主人の両親はとても家を大切に考えてメンテナンスなどもキッチリとしてきてくれた方なので、すべてを壊してしまうことで家を大切にしてきた義父の気持ちをも壊してしまうように思い、悩んでおりました。リフォームという方法で義父の大切にしてきたものを守りつつ、小さな子供にも安全で快適な住まいを・・・。と思い始めたものの、私どもにはリフォームというと一般的なリフォームしか知識がなかったので横田様の施工例を拝見して、目からウロコが落ちた感じでした。~中略~ 現在多方面からの依頼などでお忙しいこととは存じますが、ぜひ相談に乗っていただけたらとメールを差し上げました。

主人も横田様のHPを見て共感し、ご都合がよければ近日中にでも伺いたいといっております。(すぐにでも飛んで行きそうな勢いです!)無理を承知の上でのお願いではございますが、ご検討いただきましてお返事頂戴できれば幸いにございます・・・。


リフォームを行うにあたり、イメージや知識を深めるために熱心にいろいろなことを調べたり、住宅展示場を回ったりと努力を惜しまないI様、いただいたご要望は以下のようなものでした。


 
リフォーム ご要望
          
  1. 全面改装希望。
  2. 階段が急なので緩やかに。
  3. 子供のために自然素材を使いたい。
  4. 安心して暮らせる安全な家。
  5. ロフトをつくる。

などでした



ゆずり葉の木は春になると新しい葉に代わり古い葉が落ちることからその名がつきました。ご両親に代わりこの家をゆずり受けたI様ご夫婦。この家を今日まで大切に守ってきたお父様の想いも一緒にゆずり受けました。家族の絆が育んだI邸のリフォーム、それではご覧ください・・・


それでは、御覧ください。

 
 
■外観
外壁は塗装をしてお化粧直し。長年雨風にさらされてくすんでいた外壁はやさしいクリーム色で温かみのある雰囲気に仕上げました。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
■アプローチ
車の出し入れをスムーズに行うために、玄関は位置を変え後退させました。壁を撤去しましたが、その分梁・柱・ブレースを追加してしっかりと構造補強。外壁に取り付けたガラスブロックがアクセントになりかわいらしい玄関になりました。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
■玄関・廊下
古くなった内装材は、パインフローリング、珪藻土、エコクロスで一新しました。壁一面に設けた壁面収納は大容量で家族4人分の靴や小物をたっぷり収納。さらに、1帖弱の納戸も用意。バギーや古新聞、などを収納できる便利なスペースです。さらにさらに、近所に住むおじいちゃん、おばあちゃんが遊びに来た時に楽に靴を脱いだり履いたりできるよう、ワゴン式のベンチも作りました。大容量の玄関収納には、おじいちゃん、おばあちゃんへのいたわりの気持ちもぎゅっと詰まっています。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
 
 
 
■廊下収納
1階廊下にはちょっとしたスペースを利用して、コート等を収納するための引き出し式の収納を作り付けました。
 
ビフォーアフター
アフター
 
 
■寝室
以前は客間として利用していた部屋をご夫婦の寝室にしました。お子様が小さい間は家族4人が川の字になって眠れるだけの広さを確保しつつ、もちろん収納もたっぷり用意しました。床には、琉球畳が敷かれています。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
琉球畳
 
 
■書斎
以前ダイニングとして利用していた部屋は、ご主人の書斎兼お仕事部屋になりました。家族が集う2階のリビングから少し距離を置いたこの部屋で、ちょっと一息、落ち着いた時間を過ごすことができます。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
■洗面
とても狭かった以前の洗面所は、洗濯機置き場も用意したゆったりしたスペースになりました。洗面台から照明器具、タオルバーにいたるまで奥様のこだわりが感じられる空間です。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
■浴室
お子さんたちと一緒に入ってもゆったりできるお風呂場にしたい、そんなご要望から今回施工した浴室は広々とした1坪サイズ。天井の高さも十分。気持ちの良い空間になりました。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
■トイレ
トイレは少し前に新しくしたばかりだったので、リフォーム後もそのまま利用。ご両親が大事に住んでらっしゃったあとが伺えます。床にはタイル柄のクッションフロア、壁と天井は汚れに強いエコクロスで仕上げました。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
■階段
一間上がりの急勾配な以前の階段は、緩やかに、そして明るい階段へと生まれ変わりました。お引渡し後には手すりを取り付ける予定です。これでお子様も安心して上がり下りできる階段になりました。廊下や他の部屋と同様、階段の踏板にはパイン材を使用。素材をそろえて統一感を出したことで空間が切れ目なくつながり広々とした印象を与えます。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
■ダイニングキッチン
1階の最も北側に位置していたダイニングキッチンは明るく開放的な2階にお引越し。白いキッチンにホワイトのモザイクタイルで清潔感のある空間に仕上げました。L型にレイアウトしたキッチンのシンク部分はダイニングと対面し、リビングまで見渡すことができます。まさにお子様の様子を見ながら家事ができる理想的なキッチン。さらにダイニングに面したカウンターには栃の一枚板を使用。お打合せの当初から使用したいとおっしゃっていたI様。ようやく夢が実現しました。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
 
 
 
■天窓とロフト
ダイニングキッチンの天井には2つの天窓とロフトを作りました。明るい光が白い壁やこげ茶色に塗装した梁を美しく照らします。ロフトも以前から伺っていたご要望のひとつ。屋根形状の都合からそれほど高さは取れませんでしたが収納としては十分。空間を無駄なく利用しました。   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
■リビング
リビングを配したのは2階の南側。家族みんなが団欒する場所だからこそ、お家の中で一番気持ちの良い場所を選びました。ダイニングとの間仕切壁にはガラスブロックがキラリ!遊び心いっぱいの気持ちのいい空間になりました。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
■リビング壁面収納
リビングの壁一面に作りつけた収納です。天井いっぱいに作りつけた収納は時として圧迫感を感じることもありますが、建具を格子状にすることで軽やかな印象を与えています。自然素材で統一された空間に家電製品が入ることで心地よい雰囲気を損なわないよう、テレビボードを隠せるように工夫しています。   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
 
 
 
■2階 洋室1
リビングの隣の洋室は長女Kちゃんのお部屋になる予定。でも個室が必要になるのはもう少し先。当面はリビングと一続きの部屋として家族みんなで使用する予定です。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
 
 
 
■2階 洋室2
こちらは長男Y君の部屋。今年小学校に入学したY君。きっと今頃、机やベッドが入って男の子の部屋らしくなっていることでしょう。
 
ビフォー   アフター
 
ビフォーアフター
 
 
 
 
 
■2階トイレ
2階にLDKを配したI邸。2階で過ごす時間が長くなるためわざわざ1階まで行かなくても済むように2階にもトイレを作りました。1階のトイレ同様タイル柄のクッションフロアと汚れに強いエコクロスで清潔感のある空間に仕上げました。   アフター
 
ビフォーアフター
 

気軽に参加できる住まいづくり相談会&勉強会【東京・京都で実施/参加無料・予約制】


よく読まれている記事
人気の住まいづくり事例
人気の実例写真
お問合せ 見学・ご相談 メディア掲載 アクセス