横田満康建築研究所 > クラストツウシン > 2015/10/13配信のニュースレター
造作家具とリフォーム

造作家具とリフォーム

横田満康建築研究所では、造作家具・オーダー家具を
上手く利用しながらリフォームを行っています。

造作家具とは・・・
造作家具について

壁面収納_壁一面

■壁面を利用して造作収納

壁面収納①

用途に合わせた収納を壁一面に施工。キャスター付き収納・引出しや可動棚などご要望に合わせて造作。

壁面収納②

(左)壁面の柱を利用しながら幅いっぱいのTVボードと可動収納棚を施工。(右)畳コーナー壁面上部を利用し一面収納に。

壁面収納/施工中

■造作収納を間仕切り壁として

大きな収納を寝室側とリビング側の両方から利用できるようにし、収納をうまく利用しながら間仕切り壁も兼ねました。 風が通り抜けるようにルーバーも設置した造作家具です。

壁面の凹凸を活用_隙間を利用

壁面の凹凸を活用②

畳のデットスペースを収納と飾り棚として造作。

階段のデットスペースを活用

階段のデッドスペースを活用①
階段のデッドスペースを活用②

小上がりにした床下を収納として利用

オリジナル家具/使用目的に合わせた家具

■四面全ての方向から使用できる造作家具

家具の両側にはA4サイズが収納できるよう可動棚タイプの収納が造作され、無駄なくどの方向からも使える造作家具です。

■子供部屋の間仕切りと収納機能を備えた二段ベッド

■WIC内部の収納を造作

WIC内部の収納を造作

■本棚と作業カウンター  ■収納機能付きベンチ

本棚と作業カウンター/収納機能付きベンチ

■洗面所スペース収納

洗面所スペース収納

玄関収納/ご自宅の玄関サイズにあわせて造作

床下から天井までのスペースを最大限に利用することが可能です。棚板も可動棚ですので棚の高さも自由に変更できます。

玄関収納

壁面収納のリフォームはボリュームが大きいので、使う材料や 作り方次第で費用の差が大きく出ます。また、造作方法には既製品で作る、手持ちの家具を利用して作る、ゼロから現場加工で作るなどがあり、それぞれ仕上がりと費用が違います。業者にどの方法がオススメなのか聞いてみましょう。壁面収納リフォームの見積もりを取り予算オーバーになったら、下記のようなコストダウン方法があります。

コストダウン方法

■既成品(IKEA)を上手く活用しながらコストダウン

IKEAを活用してコストダウン

既成品の収納パーツを組み合わせながらオリジナル造作家具を作ることも可能です。ゼロからの製作ではなくなるのでコストダウンに繋がります!

IKEAを活用してコストダウン



まとめ


締めのコメント


造作家具/色々

工夫次第で思ったより安価にオンリーワンの家具が造れますので、リフォームするなら間取りにあった便利な収納を造作してみてはいかがでしょうか。

横田建築では、お客様の気持ちになって設計出来るスタッフと沢山の経験のある施工スタッフで常に設計施工しています。新築・リフォームをお考えの方や、お住いでお悩みの方はお気軽にご相談下さい。





気軽に参加できる住まいづくり相談会&勉強会【東京・京都で実施/参加無料・予約制】


よく読まれている記事

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /var/www/vhosts/sub0000544984.hmk-temp.com/mituyasu.com/tmp_popular_article.php on line 25
人気の住まいづくり事例

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /var/www/vhosts/sub0000544984.hmk-temp.com/mituyasu.com/tmp_popular_article.php on line 87
人気の実例写真

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /var/www/vhosts/sub0000544984.hmk-temp.com/mituyasu.com/tmp_popular_article.php on line 136
お問合せ 見学・ご相談 メディア掲載 アクセス