横田満康建築研究所 > 完成事例集 > antique~アンティーク~ - 大阪府大阪市K邸 > ビフォーアフター
ハーフDIYデザインリフォーム(セルフリノベーション)・マンションリフォーム
大阪府 大阪市 K様邸
antique ~アンティーク~
出会い
K様との出会いは、1通のメールから。中古のマンションを購入し、自分たちらしくリフォームして住みたいとご連絡をいただきました。

新築 相談メール

初めまして。Kと申します。中古マンションの購入を決め、リフォームを考えています。ホームページを拝見し、一度お話を聞きに伺いたいと思い、メールを送らせていただきます。マンションは平成9年6月築、SRC15階建ての5階部分、専有面積63.22㎡ 3LDKです。
 (中略)
どれくらいの予算でどんなことができるのか、ぼくたちの考えていることが現実的か非現実的なのか、プロのご意見をお聞きできればと思っています。もし可能でしたら、一度貴社へお伺いさせていただきたいのですが、少しお時間いただけませんでしょうか。唐突なメールで失礼しますが、よろしくお願いいたします。
そんなT様が購入されたのは、伏見桃山城を眺望できる、広いバルコニーのあるマンション。ご夫婦共に、自然豊かな場所で育った背景から、お子さんが外で自由に遊べる住まいを…とお考えだったT様。そんな中、マンションでありながらも、まるでお庭の様なバルコニーのあるこのお部屋を気に入られ、購入、リフォームに踏み切られました。
 
リフォーム ご要望
          
  1. 床を無垢のフローリングに。
  2. 内壁を珪藻土に。
  3. 和室をリビング・ダイニングに合体。
  4. キッチンを開放的に。

などでした



今回の工事の中で、何よりも嬉しかったこと、それはご主人がDIYに目覚めたこと!!!
床も、キッチンも、棚や建具もすべてご自身で塗装されました。ご家族全員が参加していた珪藻土塗りも、『最後の仕上げは自分ひとりで!』と、こだわりを持って取り組んでいただけたことを本当に嬉しく思っています。ご夫婦が愛情を注いでようやく完成をむかえたK様邸、ご主人自慢の珪藻土と、奥様のセンスが光るキッチンや照明器具にもご注目ください! 


それでは、御覧ください。

 
 
■玄関・廊下
テラコッタタイル、こげ茶色に塗装したパインフローリング、珪藻土の壁、そして奥様手作りのビーズランプ・・・。殺風景だった以前の玄関が、訪れる人をやさしくお迎えする心地よい玄関スペースになりました。
ビフォー   アフター
 
→
 
 
 
 
 
■キッチン

キッチンスペースは、レイアウトはもちろんのこと、色や素材、金物にいたるまでご夫婦が一番こだわった空間です。奥の壁は、ガスレンジをすっぽりと包み込むようにアンティークのレンガで仕上げました。一つ一つの色や形が微妙に違うのも、アンティークならではですね。キャビネットに取り付けた引き手やタオルハンガーはアンティークレンガとも相性のよいアイアン製を選びました。

ビフォー   アフター
 
→
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お打合せの当初からご要望があがっていた『ハンギングラック』。
キッチンツールやフライパンをぶら下げたり、お鍋やバスケットを置いたりと使い方は様々です。アイアン製のチェーンや金物でアンティークなイメージにぴったりのハンギングラックが出来上がりました。
 
 
■LD(リビングダイニング)

LDと隣り合っていた和室とキッチンは、それぞれ不要な間仕切りを取り払い、広々としたLDKとしました。引込み式の大きな建具を付けたので、広々とした空間を確保しつつも、必要なときだけ仕切ることができます。壁は珪藻土で、床は玄関同様パインフローリングをこげ茶色に塗装して仕上げました。イメージしたのは、小学校の教室の床。少し、くたびれた感じを出すために、あえて色むらが残るように仕上げています。

ビフォー   アフター
 
→
 
 
 

LDを仕切る大きな建具は、木目の大人しいシナ材を使いました。建具をデザインしたのは何とご主人!奥様お気に入りのチェッカーガラスをはめ込んで、ご夫婦合作の建具が出来上がりました!

ビフォー   アフター
 
→
 
 
■寝室

寝室の壁にはワインレッドの珪藻土を塗りました。色に関しては、お打合せの当初から明確なイメージをお持ちだったK様ご夫婦。家具や照明が入って、この部屋がどんどんK様らしくなるのが楽しみです。

ビフォー   アフター
 
→
 
 
■子供部屋

将来子供部屋として使用するこの部屋は明るい黄色の珪藻土で仕上げました。『かぼちゃのクリームスープみたい』と、奥様思わずニコリ(^-^)

ビフォー   アフター
 
→
 
 
■建具

建具には細部までこだわったK様ご夫婦。その甲斐あって、すばらしい建具が出来上がりました。左の建具がご主人、右の建具は奥様がデザインされました。

建具に入れたガラスは、チェッカーガラス。日本では十数年前に生産が終了してしまったため、フランス製のものを使用しています。

 
→
 

さらに奥様は、ドアノブを自ら手配して現場へ納品。選んだのはもちろんアンティークのドアノブです。『在庫がなくて取り寄せるのに苦労しました・・・』といいながらも満足感たっぷりの笑顔。
 
 
■ゴミ箱BOX
ベランダには空き瓶やペットボトル用のゴミ箱を置きたいけれど、ゴミ箱が丸見えではベランダがあまりに殺風景。そこで、ゴミ箱がすっきり収納できるワゴン式のBOXを作りました。BOXの上部にはハンガーや洗濯ばさみなどベランダで使用する小物が収納できます。
 
→
 
 
■ライティング

奥様が情熱を燃やして選ばれた照明器具の数々をご紹介。赤、青2色のビーズランプは、奥様が1週間かけて作りました。繊細なビーズが風に揺れるたびにやわらかな光がふるふると動いてご主人が塗り上げた珪藻土の壁を美しく照らします。ガラスのシェードランプもお気に入りのアンティークショップで購入しました。

 
 
■DIYの様子
床やキッチン、建具の塗装から各部屋の珪藻土塗り・・・。お仕事がお忙しい中、なんとかお引越しまでに完成することができました。Kさん、本当にお疲れ様でした。

気軽に参加できる住まいづくり相談会&勉強会【東京・京都で実施/参加無料・予約制】


お問合せ 見学・ご相談 メディア掲載 アクセス