クラストツウシン Vol.19/横田満康建築研究所メルマガ
その後住まいの方はいかがですか?
京都府京都市 K様邸/一戸建て住宅リフォーム
 
今回取材したのは「KIDS STEP JUNP!」のK様ご一家です。水道工事のプロであるご主人に施主施工の感想や、小さなお子さんがおられるご家族ならではの、こぼれ話など…色々お聞きしてきましたよ(^0^)
―お打ち合わせの感想はいかがでしたか?
奥 様 : 事務所には、実際に使う素材などがあって分かりやすく、「一緒に造りましょう!」っという雰囲気がすごく伝わってきました。
打ち合わせには、いつも子供達がついて来てしまいましたが、子供の遊ぶスペースなどもあって、とても助かりました。子供達も楽しんでいたようです。
ちなみに子供達がつけた横田さんのニックネームは「ライオンのおっちゃん」です(笑)
―施主施工をされてみて、いかがでしたか?
ご主人: よく、他の職人さんからも聞く話ですが、いざ自分の家の施工となると、細かいところまで考え込んでしまったり、こだわってしまったりと…妥協点が難しかったです。
―お仕事の合間をぬっての施工は、大変ではありませんでしたか?
ご主人: しんどかったですが、平日仕事を終えてから施工するとはかどりましたよ。
逆に休日は、時間があるものの、子供達がみんな現場について来てしまうので、よけいに時間がかかってしまうんです(^^;
でも、上のお兄ちゃんは、結構まじめに手伝ってくれて、助かったりもしましたね!
施主施工の様子/一戸建て住宅リフォーム
―お父さんのお仕事のお手伝いしてみて、どうだった?
息子さん: しんどかったぁ〜。でも、お仕事してる父ちゃん、かっこよかった!
(ご主人照れ笑い)
奥 様 : 主人も子供達の前で、自慢気に重機を乗り回したりしていましたけどね(笑)
そんな主人をみて息子が「僕も水道屋さんになろっかな〜!」なんて言っていました。
―新しいお住まいになって、ご家族の様子はいかがですか?
奥 様 : わんぱく盛りの子供が3人もいると、いくら気を使っていても、汚れやキズが絶えません。ただ、新しい家になってからは子供達も自然と気を使う様になって、こぼしたりしても自分で掃除をして片付けるようになりましたよ。
又、いつも子供達が家中走り回っているので、この前も引き戸にぶつかって、建具を倒してしまったんです(苦笑)でも建具にはガラスではなく、割れにくい素材(ツインカーボ)を使って頂いていたので、本当に助かりました。
リフォーム後の様子/一戸建て住宅リフォーム
―お気に入りの場所はどこですか?
奥 様 : なんと言ってもリビングです!スカイライトから注ぐ光のおかげでとても明るく、心地いいです。特に今の時期は日中11時〜14時頃が最高ですよ。
―お子さん達は、すっかり階段がお気に入りの様ですね。
ご主人 : この階段を見るなり、飛びついてぶら下がっていましたから(笑)
すっかり彼らの遊び場になってしまいました。
―これからリフォームされる方にアドバイスなどありましたら、是非お願いします!
ご主人 : DIYをするなら、工期等の兼ね合いもあるかと思いますが、気持ちに余裕をもってしてください。後は、あまり細かいことは気にしすぎないことです。
せっかくですから楽しんでしないと!
リビングの様子/一戸建て住宅リフォーム
お子さん達の元気な笑い声あふれるK様邸で、取材に伺った私達までも、元気をもらったように思います。K様有難うございました(^0^) 
K邸は、次号のナイスリフォーム誌にも掲載予定です!こちらもどうぞお楽しみに!
    京都府京都市 K様邸/ビフォーアフター事例
素材
珪藻土の壁
珪藻土(ケイソウド)のかしこい選び方
自然素材としておなじみの珪藻土。調湿、脱臭、濾過などの効果が着目されていますが、これらは珪藻土特有の、無数の細かい気孔がある「多孔質構造」によるものです。珪藻土もホームセンターをはじめ各種売られてはいますが、中には珪藻土の固化材に化学物質を使用しているものもあります。これらの商品は、化学物質が珪藻土の多孔質粒子を覆い込んでしまう為、特有の効果が得られません。このように一口に珪藻土と言っても、その成分によって得られる効果は大きく違います。珪藻土選びには、こういったチェックも大切ですよ!!
>>横田オススメの珪藻土はこちら
ワンポイントアドバイス
珪藻土塗りのコツ 珪藻土、目地埋め
下地がボードの場合は、ボードのつなぎ目に珪藻土を塗り込んでいく下地処理がとっても大切!下地処理がきちんとできていないと、壁につなぎ目が見えてしまいきれいに仕上がりません。通常作業としては、下地処理の段階で、つなぎ目に珪藻土をしっかりと塗り込んでおくだけなのですが、塗りすぎて脹らんだり…足らなくてへこんだり…なかなかきれいに仕上げるにはコツがいります。そこで、次号ではDIYされたクライアントさんが編み出した「きれいに塗るアイデア」を紹介します。お楽しみに\(^_^)/
オススメ本
デザインで選ぶ住まいの設備2008
住まいの設備2008
住まいを考える上で、外すことの出来ない住宅設備。この本では、デザイン性と機能性を兼ね備えた各メーカー選りすぐりの住宅設備を、実施工例も含め一同に紹介しています。横田建築ではおなじみになりつつある『IKEAキッチン』の紹介もされていますよ。設備機器から、こだわりの我が家を考えてみてはいかがでしょうか?

エイ出版社 ¥1,575
レポート
夏涼しく、冬暖かい家 体感型モデルルーム製作中2
先月からお送りしている、現在製作中の体感型モデルルーム。今回はモデルルームに使われている素材をピックアップしてみたいと思います。
体感モデルルーム/イメージパース
今回モデルルームの床全面には床暖房が施されます。様々な素材の床材を張ることによって、温もりの感じ方の違いを体感できるしくみになっています!!
素材/バンブー(竹)フローリング
バンブー(竹)フローリング
硬くしっかりとした竹の床材。今回は2色施工予定です。
素材/樺(カバ)フローリング
樺(カバ)フローリング
パインの様な節目がなく、やさしく繊細な表情の樹種です。
素材/テラコッタタイル
テラコッタタイル
タイルというと冷たいイメージがありますが、床暖房を入れるとどのように変化するでしょうか!
素材/コルクフローリング
コルクフロア
ぬくもり感のあるコルクを床暖に使えば、ポカポカ感も一段とUP!
素材/タタミ(畳)

最近人気が高まってきている畳の床暖房も体感できます。
素材/ガラスモザイクタイル
ガラスモザイクタイル
こちらはキッチンの天板に使用予定。IKEAキッチンを横田流にアレンジします。
ショールーム施工中02
大工さんも現場が忙しく、ちょっぴり施工が遅れ気味のモデルルーム。横田は完成が待ちきれず、ウズウズしています(笑)
ヨコタからのメッセージ
メッセージ
アンソニー

■ アンソニーの編集日記
はいどうも〜アンソニーです。皆さんちょっと聞いて下さいよ。編集長のOちゃんが「新春だしキャラに着物着せて〜!」って言うんですよ。冬期休暇の関係で、いつもより時間がないアンソニーは思わずOちゃんに「アホ〜! 忙しくてやってられるか!!」と男らしく 言いたかったんですけど・・・言えないチキンなアンソニー…。またもや残業ですよ(T.T)

編集長 O ■Oの編集日記
こんにちはOです。今月はちょっぴりおめかししちゃいました♪ それにしても、寒い日が続きますね〜。Oは最近湯たんぽが手放せません。あまりの寒さに湯たんぽを抱えたままうとうとしていたら、この前とうとう低温ヤケドをしてしまいました(>_<; 寒い寒いと言っていても、もうすぐ立春。春がそこまで来ているんだな〜…と思いつつも、Oの湯たんぽから離れられない日々は、まだまだ続きそうです…。
自然素材で安心エコDIYリフォーム →配信先の変更・停止はyokota@mituyasu.comまで。画像付きのHTMLメールでお届けしているので、インターネットで接続した状態でご覧下さい。「クラストツウシン」は、横田満康建築研究所にお問い合せ頂いた方、又配信のお申込みを頂いた方にお届けしております。
発行:(有)横田満康建築研究所 〒607-8165 京都市山科区椥辻平田町149 自然素材で安心エコDIYリフォーム&ニューハウス
Copyright 2008 mituyasu. All Rights Reserved.