リフォームの価格 リフォームの金額 リフォームの予算 リノベーション価格 リノベーション金額 リノベーションの予算 水回りリフォームの金額 キッチンリフォームの金額

 
・自然素材で安心エコリフォーム&ニューハウス 〉リフォームQ&A
 
リフォーム Q&A/リフォームの価格

リフォーム Q&A

 

Q1.HPに掲載していますお宅のリフォーム価格を知りたい

A 本当にこの質問が多いですね
個人情報等の問題で記載やお教えすることは出来ませんのでご了承ください

例えばマンションのリフォーム&リノベーションの場合
施工する箇所・デザイン・間取り変更・水廻り変更等の機器変更・ 自然素材をどのように使うかで大きく変わってきますので ご了承下さい。
今行っていますマンションリフォームは 
300万円の予算 500万円の予算 800万円の予算が比較的多いですね それ以上それ以下もたくさんありますね
内容等はケースバイケースですので 当事務所に来ていただいて相談されるのが一番良いと思います(無料ですから)

一つの事例として
マンションのスケルトンリフォーム&リノベーション
このように考えていただくと良くわかると思います
スケンルトン=躯体構造のみの状態にすることです 有るのは玄関の扉 窓サッシですね
今あります室内(部屋・床・キッチン・ユニットバス・洗面所等)を撤去(解体・廃棄処分)して新しくマンションの部屋を作るという考え方です

今 産業廃棄物については 新聞やTVでもたくさん取り上げられていますように 大変なことになっていますね
1立米あたり 混載廃棄物で場所にもよりますが東京の場合18,000円くらいかかります。
これに 輸送費用 そして解体します人件費
スケルトンの状態にするだけでも 大きな金額がかかってきます
 
次に 新しく作ります専有部分の工事の内容は
部屋を作っていく工事

木工事 (施工費の価格)
電気工事 (施工費の価格)
水道工事 (施工費の価格)
ガス工事 (施工費の価格)
内装工事 (クロス・畳・塗り壁・塗装等)(施工費の価格)
設備機器 (キッチン・ユニットバス・洗面台・給湯器等)(設備機器の価格)
設備機器を取り付ける費用 (メーカー施工になります。補償等の問題で)(施工費の価格)
//www.mituyasu.com/concept/kakaku/index.html 各メーカーの建材のHPです。実際にいくらで買えるのかわかりますのでご自身でお調べください)
施工中の建築廃材の処分費 (ゴミの価格)
最後に ハウスクリーニング (施工費の価格)

といろいろな工事をしてやっとリフォームが完成するのです。間取りや仕様そして考え方で(使えるものは出来るだけ使う)大きく変わってくるのがリフォームですから当事務所でゆっくり 無理なことでもかまいませんから 相談してください 
きっと良い答えが出てきますので 安心して相談に来てください。(相談は無料ですから)

一戸建てにつきましても施工する箇所(水廻り)間取り 仕様 大きさで大きく変わってきます

今行っています自然素材デザインフォームは 
300万円の予算 600万円の予算 800万円の予算が比較的多いですね
内容等はケースバイケースですので 当事務所に来ていただいて相談されるのが一番良いと思います(無料ですから)

戸建てのリフォーム工事 大きく違う箇所は
絶対にやって来る地震に対してどのように対処するのか(耐震補強工事) 時には雨漏りの状態や シロアリ(本当に恐ろしいですよ シロアリで少しの地震でも崩壊した家も有りますから)

では どのような施工になりますかといいますと耐震スケルトンリフォーム&リノベーションの場合で説明します

基礎の補強工事 (アラミド繊維補強 サンドイッチ基礎補強 ベタ基礎補強等)
建てられました時代で 無筋布基礎で施工されています また 
基礎自体にクラックが入っていたり また基礎と土台が連結していなかったり 古民家のように(京町家等)束石上に柱が乗っているだけの状態であったり 詳しくはこちら

屋根工事 (施工費の価格)
今の屋根を撤去し 重い瓦屋根から軽い屋根材交換する工事
(地震に対して有効な工事ですね)増築等による屋根を新しく作ったり いろいろなケースがあります

躯体補強工事 (施工費の価格)
躯体の補強については 以前の考え方とは今はまったく違いいますので 注意が必要ですね
耐力壁をバランスよく配置して より強い躯体に補強する

耐震金物を使って補強する
柱や梁をサンドイッチ工法で補強する
柱や梁を構造用大断面材や乾燥材等で補強する
構造用合板を用いて補強する

などの補強工事が必要となってきます
//www.mituyasu.com/reform/taishin/index.html
(これらのことはHPに詳しく掲載していますので)

外装・外壁の工事
塗装工事・サイディング工事・塗り壁工事等そして 上記のマンションスケルトンリフォームと同じ項目がかかわってきますこのようなことから 新築費用の約50%〜70%の費用がかかることが多いですね 又 新築と変わらない費用がかかってくることもあります。

今は 新築にした場合 今建っています建物が小さくなることも有りますので 新築同様の費用をかけてリノベーションすることも多いですね 古民家や京町家はそのたたずまいを変えずに 今の基準の耐震等級1以上にすることも出来ますのでご安心ください

私の考えは 住宅は リノベーション(進化した再生)が出来ると考えています 新築にしてむやみに自然破壊に繋がることは避け 出来るだけエコロジーで優しい地球規模で物事を考えて もったいない精神でリフォームされることをお勧めします。
 
「Q&A 一覧」へもどる
 

自然素材で安心エコリフォーム&ニューハウス[HOME]