横田満康建築研究所 > CRUST > 住まいづくり > 伝統的木造建築物の耐震性能検証実験
Crust 住まいと暮らしを楽しくするWEBマガジン
住まいづくり

伝統的木造建築物の耐震性能検証実験

建築研究室地震実験効果検証動画耐震 伝統的木造建築物の耐震性能検証実験

先日、震動破壊実験施設(E-ディフェンス)で行われた『伝統的構法木造建築物の耐震性能検証に関する実験』に9月19日に行ってきました。その時の実験状況をまとめた動画です。
この伝統的木造建築構法とは、築40以上の建築物に多い構法で、一般的によくいわれている「古民家」と考えていただいてもいいかもしれません。

実験の結果から私なりの考えを少し...
この実験は新築の伝統的木造建築物構法です。実際に現存しているこの構法の建築物は築40年以上も経過した建築物ですので、この実験結果は間違って解釈されそうです。築年数相当の劣化を考えるべきだと思います。
劣化を考慮して考えれば、震度6強で崩壊すると考えた方が自然だと思いますが、実際には震度5以上の地震で崩壊している実例もたくさんあります。
さて、皆さんのお考えはいかがでしょうか。

経験豊かな建築家にアドバイスをもらってみませんか!

経験豊かな建築家にアドバイスをもらってみませんか! 出典:住まいづくり勉強会&相談会

「雑誌で見るような自然素材を使ったおしゃれな住まいにしたい!」「家づくりの基礎について勉強したい!」などとお考えの住いづくりの初心者の方を対象に、 世間話しする感覚で気軽に参加できる勉強会や相談会 を開催しています。アドバイスをもらったり知識を身に付けるのにもおすすめです。ぜひ活用して夢の住まいづくりをしてください。

参考:住まいづくり勉強会&相談会

お問合せ 見学・ご相談 メディア掲載 アクセス